2015年10月26日月曜日

中部地区…

大会と見せかけて不参加。
ちなみに来週の学生大会も不参加。修士の年齢は過ぎたからもういいかなって感じなので以後も多分参加しない予定。

一応新作設計はこの1週間で終わったが、パーツ製造発注したところで今年は載せる部品を買えそうにない。
まぁ間に合わせる気もあまりなかったので、お金がある時にゆっくり完成させよう。そんなときがあればだが。

しっかし6輪機が台湾大会のアレで相当ダメージ負っててもうすぐ再起不能になりそう。予備パーツは1セット分だけあるが今更直すのもなって感じ。 調整で走らせるのももうかなり危ない状態なので現状維持で全日本持っていく予定。基板厚1mmはやっぱやりすぎたなと反省。内部で配線が切れる。

-

前言ってたように吸引についてーとかやろうとしたけど他の人参考にしただけなので大して書くこと無いなということに気付いたのでやめ。 ファンも他人の試作品を貰っただけだから勝手に公開は出来ないし、スカートについても教えてもらったものなので書くのをの躊躇う。
まぁ一言で言うならなんか適当に作っても遠心ファンつけてりゃ意外と吸えるよ という感じ。
通常トレーサで使うことも無い技術なので大して説明の必要もない気がする。

---

というわけで中部地区サボってどこ行ってたかというと国分寺近くにある美大に行ってた。
ずっと行きたかったのよね。美術系のとこの大学祭。
もう入り口から気合の入り方がヤバい。
露店一つ一つとっても看板や外装のやる気が、というかクオリティが高すぎてすごい。
普通の大学の大学祭をイメージしてたが想像以上だった。展示もかなりの数が行われていて1日で回りきるのがかなりキツいレベル。 あと何故かプロレスをやっていた。
あとフリマのブースがいたるところにあって、学生の作品等を売っており本当に一日中楽しめた。
色々見て思ったがやっぱり基礎をちゃんと学んでいる人の絵とかって見てて綺麗だなと。

しかし製作者一人ひとりそれぞれ表現したいものを持ってて、その人なりの表現をしようとしてて、なんというかそういうことが出来るのは素晴らしいなと思う。
ここまで右倣えでやってきてしまった身としては、こういう自分を表現することが出来る人は羨ましい。自分は臆してしまって自分の考えすら人に言えないというのに。

非常に楽しかったので今度また別の大学祭行ってみたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿