2015年6月16日火曜日

ちのうろぼこん

参加してきた。発仙台というか初東北。

結果からいうとまさかのチャレンジャーズ4位。やったー って感じ。



1次予選は最初に赤いボールを落としてしまった+最後赤いボールに乗り上げてしまった とトラブったが5位通過。
2次予選は順調に進んでここでも5位通過。
予選は5分で大体ボール9個落とせたくらいだった。今の方式でパーフェクト取ろうとするとかなり速度を上げる必要があると思う。

決勝はPSDセンサの閾値外になってしまったボールを2つとりのがし、13個ゴールでで44点。トラブルもなく進んでいた上に時間も大分余っていたので非常にもったいなかった。
単純なことしかしていなかったので審査点が低めだったがなんとか4位キープ。速の項目は9.0点と一番高い点数を取れたので自分的には満足。

いろいろと身を削って作ったかいがあった。本当にうれしい。

---

決勝ではインタビュー形式でのアピールタイムがあり、競技しているだけではなかなか気づかれにくいところをアピールできるというは非常に良いシステム。自分が工夫したところ等を観客にわかりやすいように伝えられるというのはやはり大事なことだと思うし、じっくり自分のマシンについての話をできるというのはそれだけで競技者側にはかなり嬉しい。観客側もそれを聞くことでアイデアを得られたりすると思う。
なお自分はMCに「誰にも見てもらえない下着のおしゃれみたいですね」と非常に気の利いたコメントを頂いた。


反省点としては
・PSDセンサは横向きに取り付けてしまったせいで変なピークが出る場所があり、壁をボールと勘違いするのが怖くて閾値をだいぶ上げていて、そのせいで決勝でボールを取り逃した。簡単な閾値だけの判断をしていたせいでこのようにせざるを得なかった。
・ボールを取る場合にPSDで出した距離を一切使っていなかったので、アームのフォトトラが反応しなかった場合ボールに平然と乗り上げるといったことが起こってしまっていた。
・速さが足りなかった。(トレーサ基準)

良かった点としては
・仙台入りしてから一度もデバッグせずに予選から決勝まで走れた
・加減速と滑らかトレースでちょっとだけ注目を浴びた
・アーム形状が意外とよかったのか、ちょっとズレた位置にボールがあっても強引につかめてた

といったところか。

-

今回初めて参加してみて思ったのが、やはりマウスの人たちとは知っている技術や常識というのがだいぶ違うのだなと感じた。画像処理やマニピュレーション系などこちらの競技ではほとんど使われない技術をたくさん見れたり教えてもらったりできていい刺激になった。
自分はトレーサやマウスばかり作っていて頭が固くなってしまっていたな、と思った。もっと柔軟な発想をしていかないと。

-

仙台観光はほとんどできなかったが、仙台駅前の中華そば屋で食べた中華そばと、2食連続で食べた牛タンが本当に美味しかった。
あとビジホでマットレス付きのベッドで寝れてすごく良かった。(普段うっすいマット敷いてるだけで起きると体が痛い) 久々に本気の熟睡が出来た気がした。

また行けたら行きたい。


みなさんお疲れ様でした。
また会場でお話していただいた方ありがとうございました。

-

とりあえず今日でもう一つの用事も片付いてしばらくはだらだらできそう。
というかだらだらさせてくださいまじで。

0 件のコメント:

コメントを投稿