2014年10月27日月曜日

中部地区大会

モロに風邪引いて全く声が出ない。。


昨日はマイクロマウス中部地区大会参加。
ハーフとロボトレース。
トレーサは3走目成功しなかったものの2位。
ハーフは東日本大会で走らなかった3走目が成功し9位+特別賞 。

やっと某ア○キの自称教育用トレーサー2輪版に勝てた。しかしア○キの新作とは4秒差。なかなか勝負できる領域までいけないねぇ。本番成功しなかった3走目は試走で主導計測したところ17.3秒くらい。それでもア○キと2秒くらいの差があるので厳しいねぇ。
ショートカットマシンがどんどん増えてて恐ろしい。特におかしい動きしてる丸いアレ。
ハーフは前日に全探索作ったけど動かないどころかやり方マズくて特定パターンで死ぬ上にほかのところにバグ作ってしまってゴールしなくなったり、そもそも探索安定しないせいで2分以上の探索ではほぼ途中で失敗するという悲しい状況になり前のプログラムに戻す羽目に。斜めもある程度調整したがまたまたダメだった。
最近ハーフはフレッシュマン扱いしてもらえなかったけど、今回は6位くらいまでが4秒台とかだったので余裕でフレッシュマン面できました。

--
気づいた人がいるかもしれませんがちょっとだけマシンがかわりました。
ほんのちょっとだけ。
中部地区では某氏のマシンと一緒にいい意味で悪目立ちしてた。

重さは前マシンよりはるかに重い。サイズも2まわりデカい。 パワーは2倍以上。


関西大会後に設計して徹夜で回路書いて朝ノーチェックで基板屋さんに発注して~と結構無理して作った甲斐あって大会二日前に完成。プログラムは現在ほとんどWhitetip4.0の丸移植。
大会で動いたこともビックリだけど割とマトモに走ったのがびっくりだよねうん。


しかしジャイロまわりがどうやらよく半田クラックするようで、持ち運び後や数回走らせたらはんだ小手当てなおさないと値がまともにとれなくなるという状況に悩まされているという。ただし箇所特定はできてない。走行中に症状が出たら死ねるという怖い状況。
おまけにマウントの設計がちょっとアレなせいかタイヤ固定するのが結構大変。ビスを通す穴を2mmで開けてるのでタイヤが結構ズレる。そしてかみ合わせがシビアすぎて何度も調整しないと回ってくれない。

来年用のマシンを今年早めに作ってしまった感じなので来年もこの子で走りそうな感じ。

さてこの子でどこまで戦えるかね。

来週は学生大会にこの子と4.0TWとハーフを持ってくつもり。
欲張って二台エントリー。4.0は最終走行になる予定。

---
whitetip4.0、Falterのマシンデータをマシンデータページに追加。

0 件のコメント:

コメントを投稿