2014年8月1日金曜日

充電器

EMSで結局トラッキングできないまま基板到着。さすがCQ。
いつものElecrow。
 USB給電のLipo2セル充電器。バランス充電ではない。
 USBの電圧5Vをハーフマウスと同じ小さい昇圧ICのっけて10Vくらいまで昇圧。
充電電流は180mA固定。手元のLipoで1C充電の電流量。
5V→10V180mA+ICとかの消費電流だと、500mAが限界のUSB2.0のポートで使ったらいろいろとギリギリかギリギリアウトかな。。(やってみたら充電自体はできてたっぽいけど)
怖いから大電流ポートとか大電流対応AC-USBアダプタとかUSBバッテリで使ったほうがいいね…。


問題点としては充電ICが微妙に高い。(480円~700円強)
あと充電中昇圧ICと充電ICが結構発熱。 というか熱い。火傷スレスレ。 F**kinホット。
冷却用に何か積んだほうがいいかなと思うレベル。
まぁ充電完了はなんとかしたっぽいし大丈夫かなこれ・・・。大丈夫だよね・・・。


 今までは大会とかに、左の充電器+いっぱいコネクタついたやつ+ACアダプタというすごいかさばる一式を持ってってたのでそろそろかさばって鬱陶しかったので今回小型のブツを作成したという流れ。 放電機能とかあっても現場でそうそう使わないしとりあえず充電できればいいかなと。
2セル用と前作った1セル用 を合わせてもハーフマウス一個以下の体積と重さ。これで荷物が極限まで少なくできる ぞ。



 あと、USBの端子が足りなくなったり、移動中に あ、やばい充電してなかった って時(あるのかな)にはポータブルバッテリから充電できる。

---

台湾での宿を15日までは確保。 1泊約3000円とそれなりのお値段だけど。
ゲストハウスのドミトリーだと半額だけど、シングルだったら少しはマシンいじれるし。

あと最後3泊はどこに泊まろうかなぁと。

0 件のコメント:

コメントを投稿